TAISHI の日記

実体験に基づいた色々なブログを書いています。体験者だからこそ書ける、生の情報を発信するサイトです。

大学の卒業旅行でイギリスのロンドンに1人旅した話【第3話】ロンドン中心部の街歩きの思い出を語ります。(昼バージョン①)

こんにちは、TAISHIです。

2016年2月下旬から3月中旬にかけて行った、ロンドン1人旅の思い出を語るブログ第3弾。

今回は、日中に歩きながら撮った写真を載せて、補足的にコメントをしていくという感じで書いていこうと思います。

(←当時書いた旅行日記を紛失してしまったため、詳細が書けないのを誤魔化すためです。)

大学の卒業旅行でイギリスのロンドンに1人旅した話【第3話】ロンドン中心部の街歩きの思い出を語ります。(昼バージョン)

ロンドン滞在中の食事はWhole Foods Marketで購入

ロンドン滞在中、食事は全てホールフーズマーケットで購入しました。

f:id:TAISHI-K:20210612201237j:plain

High Street Kensington にあるWhole Foods Market(2016年2月撮影)

アメリカが本場のWhole Foods Marketですが、ロンドンにもいくつか支店があります。

中でもHigh Street Kensingtonにある店舗は規模が大きく、ゆっくりと買い物を楽しむことができます。

イートインスペースも充実していました。

店員さんの健康意識も高く、人によってはレジで精算するときに、健康に良いオススメの食料品を教えてくれます。(科学的な説明付きです。)

それにしても、イギリス英語は何言ってるのかマジでわかリませんでした。

『Slow down, please』って感じです、ホント。

まぁ、アメリカ英語もほとんどわからないんですけどね、俺の場合。

ピカデリーサーカスの店舗にも足を運んだのですが、こちらはこぢんまりとした感じで、あまり品物も多くはありませんでした。

f:id:TAISHI-K:20210612202118j:plain

Piccadilly Circus にある、Whole Foods Market(2016年2月撮影)

それでも、日本の自然食品店とは比較にならないくらい規模が大きかったです。

・・・やはりこれが食料自給率の差なのか。

日本は貧しい国だなぁと、しみじみ思ってしまいました。

ウォータールー(Waterloo)周辺をお散歩

テムズ川沿を散歩すると、新旧のロンドンの息吹に触れることができます。

f:id:TAISHI-K:20210612203907j:plain

テムズ川沿いを散歩中に見つけたビッグベン(2016年3月撮影)

ひたすら歩きまくって、写真にも写っているビック・ベン脇の橋を渡っている時のことです。

歩いていると、60歳くらいの老婆が、いきなり俺の胸に小さい花束を押し付けてきました。

そして『この花束と引き換えに寄付してくれ』とか何とかまくしたてて、それがあまりに強引で唐突だったため、俺はついつい持っていた2ポンドコインを渡してしまいました。

これはいわゆる『押し付け寄付』というやつで、強盗の一種です。

はっきり『No』と言って断れないと、相手は強引に寄付を強要してきます。

しかもこの時の老婆は、『2ポンドでは足りない。もっとよこせ!』と逆ギレする始末。

『だったら花束いらないから、その2ポンド俺に返せ』という態度で接したら、引き下がりましたげど、結局2ポンド取られました。

受け取った花束は、ジャケットのピンホールに差せるよう、束ねた根元にアルミホイルが巻いてありました。

散歩があまりに気持ちよくて、ここが外国であることを忘れていました。

『日本人ならカモ』と、現地のイギリス人に舐められてはいけまん。

しっかり『No!』と断れることも、大事な防衛手段の一つであることを再認識したのでした。