TAISHI の日記

実体験に基づいた色々なブログを書いています。体験者だからこそ書ける、生の情報を発信するサイトです。

大学の卒業旅行でイギリスのロンドンに1人旅した話【第1話】ヒースロー空港と宿泊先のホテルについて語ります。

こんにちは、TAISHIです。

2016年2月中旬から3月上旬にかけて約2週間、イギリスのロンドンに1人旅しました。

その時の思い出話を書いて行こうと思います。

名目上は慶應義塾大学薬学部薬科学科の卒業旅行だったんですけど、友達と複数人で行くのではなく、完全に1人で行きました。

旅行代理店は一切使用せず、全て自分で準備・計画しての1人旅だったので、これからロンドンを訪れる人の参考に(ほんの少しは)なるはず。

というわけで、今回は渡英してから宿泊先のホテルまでの話をまとめておきます。

<目次>

⓪そもそもイギリスのロンドンってどこにあるの?

イギリスの首都ロンドンはイングランドにあります。

そしてロンドンはイングランドの首都でもあります。

イギリスの地名に関しては色々な単語が出てくるので、ついでに有名なものをザッと整理しておきたいと思います。

f:id:TAISHI-K:20210523225609p:plain

イギリス周辺の地図(Google Mapより抜粋)
グレートブリテン(Great Britain)

イングランドスコットランドウェールズの3国を含む島のことを、グレートブリテンと呼びます。

ブリティッシュ(British)

グレートブリテン出身の人々を、ブリティッシュと呼びます。

ユナイテッドキングダム(the United Kingdom)

グレートブリテンおよび北アイルランドを含めた地域をユナイテッドキングダム(U.K.と略されることが多い)と呼びます。

イギリスはこのU.K.のことを指しています。

・・・なんか色々とややこしい。

じゃあ北アイルランド出身の人々は何て呼ばれてるんだ?とかいう疑問はここではスルーします。

①俺がイギリスのロンドンへ旅行しようと思った理由

今や世界中の人々が英語を第二外国語(というよりむしろ世界共用語)として話していますよね。

英語(English)はイングランド(England)の母国語ですが、『なぜ日本語ではなく英語が世界中で話されているのか?』という疑問は、俺にとって中学生時代からの素朴な疑問の1つでした。

歴史を学ぶにつれてその理由が徐々にわかってゆくと共に、イギリスという国に対する興味を駆り立てられ、いつか訪れてみたいと思うようになったのです。

で、ようやく2016年にそのチャンスが巡って来たのでした。

羽田空港からヒースロー空港(Heathrow)へ

飛行機はANAを利用しました。

航空券代は往復で約30万円、めちゃくちゃ高いです。

時期と航空会社によっては約10万円で行けるところもあるので、もっと前から旅程を組んでおけばよかったなぁと今では反省してますが、ANAなら間違い無いです。

直行で約12時間後、ヒースロー空港へ到着しました。

イギリスでは不法入国者や麻薬の密輸が後を絶たないので、入国審査は比較的厳しめです。

俺は英語が話せないので、入国審査で何を聞かれるのか心配していました。

入国審査の列に並んでいると、脇の下から冷や汗が流れ、気づいたら汗でびしょびしょに。

ついに自分の番が来て、『ヤバい!質問がくる!質問がくる〜!』とテンパっていたら、『イギリスに家族か親戚いる?』と聞かれただけで済みました。

『No, I'm alone』と言って、そのまま通してもらえました。

空港直結の鉄道(ピカデリーライン)に乗って、ラッセルスクエア駅(Russell Square)で下車、歩いて宿泊先のホテルへ向かいました。

③宿泊先のホテルとその周辺環境

宿泊先のホテルはプレジデントホテル。

f:id:TAISHI-K:20210523235402j:plain

 なんでこのホテルを選んだのかというと、空港から鉄道直通で行けて、かつロンドン中心部の立地だったので、観光しやすいと思ったからです。

飛行機の座席が中央部分だったこともあり、12時間のフライト中ろくに体を動かせませんでした。

『よしっ、散歩するぞぉー!』

というわけで、お散歩へ。

f:id:TAISHI-K:20210524000012j:plain

あちこち歩き回り、水と食器類を買って、部屋へ戻りました。

ロンドンは車を使う必要がなく、基本的に徒歩で自由に歩き回れるので、海外初心者の俺にもありがたかったです。

写真↑のように地図もあちこちにあるので、スマホ無しでも歩き回れます。

治安は日本よりは良くありませんが、身の危険は感じませんでした。

f:id:TAISHI-K:20210524000259j:plain

宿泊先ホテルの部屋から撮った風景(2016年2月撮影)

ホテルの部屋には日本のようにエアコンは無く、ヒーターがついていました。

蒸気?で温めるヒーターで、加湿器要らずで、めっちゃ暖かくなりました。

疲れていたので、シャワーを浴びて即寝ました。