TAISHI の日記

実体験に基づいた色々なブログを書いています。体験者だからこそ書ける、生の情報を発信するサイトです。

【日本よりも便利】イギリスのロンドンでコインランドリーを利用してみた。

こんにちは、TAISHIです。

2018年4月にイギリスのロンドンへ2週間旅行に行ってきました。

その時、現地でコインランドリーを利用する機会があったので、使い方をこのブログにまとめておこうと思います。

イギリスは日本ほど高温多湿な気候ではないので、やたらめったら洗濯する必要はありませんが、さすがに2週間も滞在しているとコインランドリーの利用は避けて通れませんでした。

・・・そんなわけで、実際に現地で撮った写真も使いながら、説明していこうと思います。

〜目次〜

①まずは身近にあるコインランドリーを探す

まずはGoogleマップなどを使って、近くにあるコインランドリーを探します。

『laundrette』と検索すれば、たくさんでできます。

営業時間は朝8時から夜11時前までのところが多かったです。

f:id:TAISHI-K:20210731122517j:plain

俺はEarl's Courtという地下鉄の駅近くに宿泊していたので、Earl's Court周辺のコインランドリーを利用することにしました。

②1ポンド硬貨を用意する

利用するコインランドリーが決まったら、次に硬貨を用意します。

基本、1ポンド硬貨が必要です。

 f:id:TAISHI-K:20210731123050j:plain

有人のコインランドリーの場合、スタッフに声をかければ、ポンド紙幣を1ポンド硬貨に両替してくれます。

有人じゃない場合、店内にある両替機で両替します。

運悪く店内に両替機がない場合、下の写真のような、街中の両替機を頑張って探し出して両替することになります。

f:id:TAISHI-K:20210731123431j:plain

③洗濯する

さて、いよいよ洗濯です。

f:id:TAISHI-K:20210731124557j:plain

洗剤は自分で持ってきた洗濯洗剤を使うことになります。

(俺は日本から持ってきた花王のアタックNeoを使いました。)

日本のコインランドリーは、基本的に洗剤は自動で注入されるため、自分好みの洗剤が使えないのが個人的に嫌でした。

でも、ロンドンのコインランドリーは洗剤持参が当たり前なので、その点日本よりも便利だと思いました。

洗濯の仕方は以下の6ステップ。

1.ドアハンドルのボタンを押して、ドアを開ける。

2.洗濯物を入れ、ドアを閉める。

3.希望する洗濯コースを選び、ボタンを押す。(温水と冷水どちらで洗うかなどを選べる。)

4.指定の位置に洗剤を入れる。

5.お金を払う。(1ポンド硬貨を6枚入れる。入れ終わると同時に運転がスタートする。)

6.運転が終わったら洗濯物を取り出す。(45分くらいで終わりました。)

俺が利用したコインランドリーでは、コースに関係なく、洗濯に6ポンドかかりました。

ちなみに運転が終わるまでは近所をお散歩してました。

④乾燥する

洗濯が終わったら乾燥です。

乾燥は10分1ポンド、2分20ペンスという料金設定でした。

f:id:TAISHI-K:20210731125815j:plain

乾燥の仕方は以下の4ステップ。

1.ドアを開けて、洗濯物を中に入れる。

2.しっかりドアを閉める。

3.お金を投入する。(俺は4ポンド払いました。)投入すると同時に運転がスタートする。

4.運転が終わったら、ドアを開けて洗濯物が完全に乾いたか確認する。

乾いていれば、洗濯物を取り出して終わり。

乾いていなければ、ドアを閉めて追加のコインを払い、再び乾かします。

俺は40分乾かせば十分でしたが、30分だと乾き足りませんでした。

 

・・・ざっとこんな感じです。

終わり。