TAISHI の日記

実体験に基づいた色々なブログを書いています。体験者だからこそ書ける、生の情報を発信するサイトです。

世界1週1人旅の思い出 〜オーストラリア ブリスベン編〜 

こんにちは、TAISHIです。

このブログでは、オーストラリアのクイーンズランド州の州都、ブリスベンを旅した際の思い出話を語ります。

ブリスベンを訪問したのは2018年2月3日〜2月7日の3泊4日でした。

現地では全く写真や動画を撮らなかったので、ダイジェスト的にまとめておきたいと思います。

世界1週1人旅の思い出 〜オーストラリア ブリスベン編〜 

ブリスベンについて

ブリスベンは人口230万人以上を誇る、クイーンズランド州の州都です。

俺は特にブリスベンでは何も見たいものとか、行きたい場所とかはなかったんですけど、ブリスベンにはオーストラリア留学センターという、日本人がオーストラリアへ留学するならまずここに相談するべき!的な、超有名な留学エージェントの支店があるんですね。

なので、とりあえず社会勉強のためにもブリスベン見ておこうかな〜という軽いノリで、訪問を決めたのでした。

年間最高気温は約30℃、最低気温は約10℃と、クイーンズランド州らしくかなり温暖な気候です。

俺が訪問した2月は真夏日だったので、普通に短パンにTシャツ1枚といった格好で外出できました。

ただし、紫外線が強烈なので日中はあまり外へ出ないようにしてました。

『真夏は日中外に出ない』というのは、オーストラリアで生活する上で必須の知恵です。

 

アデレードからブリスベン

カンタス航空で滞在先のアデレードからブリスベンへ飛びました。
朝7時10分にアデレードを出発し、9時にブリスベン着という2時間弱のフライトでした。

日本から行く場合、同じくカンタス航空が成田から直行便を運行しています。

これまでパース、アデレードと旅して来ていたので、ブリスベンに到着した頃は正直、めちゃくちゃ疲れが溜まっていました。

『早くホテル行ってシャワー浴びて、軽くオレンジジュース飲んで寝たい!』と思い、ブリスベン国際空港から逃げるように宿泊予定のホテルへ行きました。

 

③宿泊先のホテルはMeriton Suites Herschel Street

空港からエアトレイン(Air Train)という電車でブリスベン市内へ行き、ローマ・ストリート(Rome St.)という駅で降車、そこからホテルまでは徒歩5分程度でした。

泊まったホテルはMeriton Suites Herschel Street

ブリスベンで泊まったホテルの領収書

ブリスベンで泊まったホテルの領収書

ブリスベンは今回のオーストラリア周遊の最終地点だったので、旅の疲れを取る意味も込めて、少し高級なホテルに泊まりました。

家族1世帯が泊まれるようなアパート式のスイートルームで、部屋の窓から見える市内の景色がとても綺麗でした。

今となってはなんで写真を撮らなかったのか謎ですw
(日記を見返す限り、疲れていて写真どころではなかったらしい・・・)

不便だと思ったことは3点。

まず、部屋のエアコンの上限温度が25℃に設定されていたので、普通に肌寒かったです。

次に、ベッドの寝心地が全然良くなかったです。枕もマットレスも、俺の身体に合いませんでした。

最後に、トイレを流す際にかなり強くボタンを押さなければならなかったので、地味に不便でした。日本のTOTOのトイレが恋しかったです。

以上、全体的に考えると、『また次回も泊まりたい!』と思うようなホテルではなかったです。

宿泊してた他のお客さんは良い人たちで、ホテル内に備え付けのジムでトレーニングする際にマシンの使い方がわからなかった時など、頼んでもいないのに親切に教えてくれました。

 

ブリスベンでの街歩き

ブリスベンの中心部は、東京の銀座と同じノリで歩けました。
非常に洗練されており、1日中人どおりが絶えない場所なので、身の危険を感じることも一切ありませんでした。

俺好みの美人も多かったです。

ただ、通りによっては夜間いきなり人が少なくなったり、全く人がいないような通りもあったので、そういった通りにきたら基本、すぐ引き返すようにしてました。

食べ物は中心部には大したものが売ってなかったので、(Woolworthsはあったんですけど、オレンジジュースが売ってなかったw)電車に乗って郊外のオーガニックフードショップで購入しました。

ゴールドコースト旅行でも愛用していた、Flannerysです。

俺が思うに、ここのオーガニックショップがクイーンズランド州では1番品揃えが多いと思います。

ブリスベンは都会すぎるせいか、食べ物は全体的に美味しくなかったです。

クイーンズランド州ではゴールドコーストが圧倒的に食べ物が美味しかったですね。

ブリスベンという場所を10点満点で評価するなら、5.5点くらいです。

可もなく不可もなくって感じでした。

 

ブリスベンから成田空港へ帰国

2018年2月7日、朝6時30分に ホテルをチェックアウト。

とにかくもう疲労困憊で、正直少しホームシックでした。

9時55分発のカンタス航空QF61便に乗って、同日18時に成田空港第2ターミナルへ到着しました。

日本、めちゃくちゃ寒かったです。

同じ飛行機に乗って来た周りのオーストラリア人観光客も、「Oh my God!」とか言ってました。

それにしても、疲れました。

『旅は若いうちにしろ』って昔おじいちゃんがいってたんですけど、その意味がようやく分かった気がしました。

世界1週1人旅の思い出 〜オーストラリア ブリスベン編〜 完