TAISHI の日記

実体験に基づいた色々なブログを書いています。体験者だからこそ書ける、生の情報を発信するサイトです。

世界1週1人旅の思い出 〜オーストラリア アデレード編〜 

TAISHIです!

このブログでは、オーストラリアのアデレードに旅した時の思い出話を語って行きます。

訪問期間は2018年1月31日から2月3日までの、3泊4日でした。

いつも通り写真や動画を全くといっていいほど撮らなかったため、ダイジェスト的にまとめようと思います。

 

世界1週1人旅の思い出 〜オーストラリア アデレード編〜 PART1

 

アデレードとは

南オーストラリア州の州都であるアデレードは、オーストラリアの都市の中でも日本人にはあまり馴染みの無い場所かもしれません。

日本からの直行便はなく、人口約132万人の小さな都市です。

しかしアデレードは、 イギリスの週刊新聞・The Economistなどの調査で、世界で最も住みやすい都市トップ10に毎年のようにランクインされており、訪問した日本人の間では『オーストラリアで1番好きな街』と言われるくらい、魅力的な場所なんです。

そんな前評判の真偽を確かめたくて、今回の訪問を決めました。

アデレード国際空港から宿泊先まで

アデレードへは前回の訪問地・パースからカンタス航空の国内線で1本です。

午後0時にアデレード国際空港へ到着しました。

国際線と国内線のターミナルが一緒になったコンパクトでアットホームな雰囲気の空港でした。

空港から市内へはシャトルバスが運行されているのですが、気分的に早く宿泊先のモーテルへ行って休憩したかったので、タクシーを使いました。

③宿泊先はAdelaide Backpackers and Travellers Inn

宿泊したのは、Adelaide Backpackers and Travellers Inn です。

アデレードで宿泊したモーテル

宿泊先の領収書(2018年1月)

 宿泊費が安く、またブッキングドットコムなどの宿泊サイトの口コミも良かったので、ここへ泊まることにしました。

実際、値段の割に部屋はとても清潔で、シャワーやトイレの水回りが良かったです。

ただ、モーテル付属の洗濯機や乾燥機はイマイチで使い物にならなかったため、電車に乗って郊外のコインランドリーへ行き、そこで洗濯しました。(地味にめんどくさい)

電車の運賃は、現地で購入したリチャーシ式ICカードアデレードメトロカードで支払いました。(間違えて割引カードを購入してしまったw)

アデレードメトロカード

アデレードメトロカード(2018年1月)

あと、これはオーストラリアではわりとどこでも経験してきたのですが、ドア枠やドア下の隙間から風が入ってきて、夜間めっちゃ冷えこみました。

俺は現地でガムテープを購入し、それをドア枠などの隙間に貼り付けることで、隙間風を防いでいました。

さらに、チェックイン時にデポジットとして前金50AUDを払ったのに、チェックイン後も返金されませんでした。

メールで問い合わせても返信はなく、後味の悪い宿泊体験となりました。

また泊まりたくは無いです、正直w

アデレードの街歩き

アデレード中心部はそれほど大きく無いので、1日あれば徒歩で一通り見て回ることができます。

アデレードの中心部の地図

アデレードの中心部(2018年1月)

しかし、俺が訪問したのは1月という真夏。

日中は紫外線が強くてやたらめったら外は歩けませんでしたけど、夕日がとても綺麗でした。

 

f:id:TAISHI-K:20200808105225j:plain

アデレードの夕焼け(2018年1月撮影)

アデレードはなんといっても、食べ物が美味しかったです!!

俺の知る限り、カナダのバンクーバーに次いで、世界で2番目に食べ物が美味しい場所だと思います。

オススメはThe Market Shed on Hollandです。ここは、あらゆるジャンルの食料品・屋台店などが集まった巨大な一戸建てのフード天国です。

なかでも好物のオレンジジュースやバニラアイスクリームが最高でした。

口にした時、『生きてて良かった!』と思いました笑。

これらを食べるために、またアデレードへ戻ってきたいです。

アデレードから次の目的地、ブリスベン

2018年2月3日の朝5時にモーテルをチェックアウト。

ルームキーはそのまま部屋へ置いておくという形式でした。

路上でタクシーを捕まえて、アデレード国際空港へ。

ターミナル1からカンタス航空に乗って、次の目的地・ブリスベンへと向かったのでした。

 

世界1週1人旅の思い出 〜オーストラリア ブリスベン編〜 へ続く。